ファゴット吹きのバソン練習日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Cフィル ゲネプロ

<<   作成日時 : 2012/08/12 00:18   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

明日、Cフィルの本番
ということで、今日はゲネプロ。



以前の記事のその後……



リヒャルト「ドンファン」は、
高速3連符は、Tukutu Kutuku Tukutu Kutuku ・・・のダブルタンギングで何とかいけそう。
3連符の上行形は、それなりにさらった結果、家での練習では概ね出来るようになってきたが、合奏の中で吹くと、やはり所々嘘の音が混じってしまうかな。

それにしても、すばらしい曲だ!


プーランク「牝鹿」
半分はバソン(フランス式)吹きとしては、絶対にこの曲はファゴットではなくバソンで吹くべき、との結論。
実際に聞いている方は、ファゴットでもバソンでも、大して変わらない、どうでもよいと思うかもしれない。
でも、吹いている方は全然違う。運指は当然違うし、音色も違うし、アンブシャやビブラートも変えている。

ほとんど自己満足の世界かもしれないけど、自分的には納得して吹く(つもり)。



で、今回は久しぶりに、メインが降り番。
フランクの交響曲は客席で聞かせてもらう予定。



お暇なかたは是非おいでください。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Cフィル ゲネプロ ファゴット吹きのバソン練習日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる